読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tantang works diary

Ussey's diary - hibi tantang-

Like a snake ~

 蒸し蒸しな日々が続いております。毎日職場でも良い汗、悪い汗をかいております!

 前回も書いたように、先日の休日は幼稚園の子供たちと宇都宮美術館に。クレーの作品展鑑賞&美術館のバックヤード・ツアーを体験しました。
 園バスに乗り美術館まで。先ずはトイレに行った後に学芸員の方々よりクレー展の説明&鑑賞時の注意をうかがいました。

f:id:us32:20150905213903j:plain

 そしてバックヤード・ツアー。警備室を見た後に、少し急で長い階段で地下まで。大きく開けたスペースのシャッターを開けてもらうと…

f:id:us32:20150905214103j:plain
作品搬入口でした。みんなピョコピョコですね。

 館内空調のコントロールルームや大きな金庫のような収蔵庫の扉を見たり、作品を撮影する部屋にも入りました。

f:id:us32:20150905214332j:plain

    大きな油圧式の作品運搬用のエレベーターに乗って

f:id:us32:20150905214416j:plain


 地下から二階に上がり、美術館の皆さんがお仕事をしている部屋の前を通ってから一階に戻ってきました。

 そしていよいよクレー展です。残念ながら作品展示の場所は撮影NG。最終日が近かったこともあり、一般のお客さんも沢山来館されていました。
 ささっと素通りする子、じっくりと観る子、壁に触ったり蹴飛ばしてしまった子。毎年の事ながらハラハラドキドキでした。
 今年も大変貴重な時間を過ごさせていただきました。美術館の皆様、ありがとうございました!またお世話になります。


 職場の方では、大規模な改装がほぼ無事に終わったり、シューズ・フィッティングの研修があったりと、なかなか良い感じだったのですが…。
 昨日はちょいとトラブルがあり、後半からそれへの対応で時間が過ぎていきました。上司の方々に何とかしていただき(ありがとうございます)、帰りの車に乗ったのは夜9時ごろになってしまいました。
 昨夜はコナクリ・クラスの練習日。太鼓のワークショップを始めてから(多分)10年近くになるかと思うのですが、初めて穴を開けてしまいました!こんな事があるとは…。皆さん、すいませんでした。でも良い練習ができたとのことで良かったです。
 こういう状況になると、自分の弱い部分が浮き上がって見えて、かなりガッカリします。が良い機会だったとも思っています。

 かなり前にも書きましたが、友人と一緒にKINKSのレイ・デイビスのソロ・ライブを観にいった時のことです。
 曲間のMCで「いい時もあれば悪いときもある。ライク ア スネイクさ」的なことを言って、腕を“~”のような形でクネクネと動かしました。なるほど!カッコいいなと思い、折々使わせていただいております。
 栃木のインディアナ・ジョーンズと言われているいる私はヘビがちょいと苦手なんですけどね。ついでに先日、三女が見つけたハリガネムシの動きも衝撃的でした。うわぁー!!

 こんな終わり方が…。

広告を非表示にする