読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tantang works diary

Ussey's diary - hibi tantang-

きんどーにちよう

 降ったり晴れたり、暑かったり涼しかったり。全く毎日めまぐるしいですね。

 そんな中、珍しく週末に思わぬ連休がありまして、輝きのある日々となりました。

f:id:us32:20140907204120j:plain まず金曜日は仕事の後に太鼓の練習があり、前にモモ・ケイタさんに教わったFoleという曲を紐解くように繰り返し演奏しました。少ない人数でしたが、とても密度の濃い時間となりました。
 写真は先週の日曜日にあったクリン・ワークの様子。スタンドに乗っているのがクリンという打楽器。左にいるのがモモ先生です。こちらも濃密で、多くの集中力を要するワークでした。

 土曜日は朝からかなり本格的な片づけをして、出てきたものをリサイクルショップに持っていったり、丁度日が重なった資源ごみ回収に出せたりしました。核心に踏み込んだ感がありましたね。午後には宇都宮美術館での佐伯祐三展のオープニングに行き、じっくり観させていただきました。

 日曜の今日は残り僅かとなった壮年18切符を使い、久し振りに東京は上野に行ってきました。

f:id:us32:20140907203445j:plain 最初に国立博物館。ここは何度行ってもいつも何かをいただいて帰って来られる場所です。常設展示を見て周るだけでかなり体力を使いますが、今回も良い時間でした。ミュージアムショップも抜群です。

 

f:id:us32:20140907203534j:plain
 観ながら気付いたのですが、写真を撮っている人が結構いて驚きました。館内のスタッフに訊くと“撮影禁止の表示の無いものに限りノーフラッシュでならOK”とのこと。知らなかった。今までもそうだったのかなぁ?

 その後谷中まで歩き、お世話になっているイリアスに、こちらもかなり久し振りに寄らせていただきました。店長さんと少し話をして、店内の展示を見てきました。

 次は千駄木から千代田線に乗り、御茶ノ水に。数百年前、高校を卒業して一年間、バンドをやりながら三省堂裏にある焼肉屋でほぼ毎日アルバイトをしていました。大学に入ってからもしばらく働いていました。毎月の給料からドラムのパーツを一つずつ揃えていったのを思い出します。周りは楽器屋だらけですからね。そこで働いている間は本当にいろんな事がありました。焼肉屋があった場所は今は駐車場となっております。

 今日も何軒か楽器屋を見てから早めに電車に乗って帰ってきました。あんまり見てるとまた良からぬ物が欲しくなったりしますからね。

f:id:us32:20140907210544j:plain
 家に帰ると、箱に入った大量のハガキが届いていました。さあこれから、ひと仕事です。

広告を非表示にする